旅行情報ガイド

格安空港券を予約しよう

格安航空券の予約をする時には出発日と帰国日、目的地、名前などが必要となります。

これら情報を伝えると、旅行会社の担当者が予約をいれることができ、無事予約ができた場合は予約の内容が記された確認書が送付されてきます。

確認書が送られてきたら、名前や日程などに間違いがないか確認しておきましょう。

もしも申し込んだ時点で席が取れずキャンセル待ちになった場合でも、先に座席を大量に予約している団体ツアーなどが売れ残ってしまった席を航空会社に戻すこともあるので、しばらく待ってみるのも良いでしょう。

無事席が確保できたら旅行会社に代金を支払いましょう。格安航空券は出発当日に空港で航空券を受取ることになることが多いようですが、中には前もって自宅や勤務先などへ送付してもらえる旅行会社もありますから予約した時に確認しておきましょう。

パスポートは前もって申請

海外旅行に行く時には必ずパスポートが必要となります。

パスポートの申請に必要なもの書類や申請から受取るまでについてですが、必要な書類は6ヶ月以内の戸籍抄本か謄本を1通と6ヶ月以内で本籍の記載されている住民票を1通、身元確認の書類が1通か書類の種類によっては2通必要になります。

さらに6ヶ月以内に撮影されたフチなしの写真が1枚とあて先に住民票と同じ住所、氏名、郵便番号を記入済みの官製ハガキが1枚、一般旅券発給申請書1通です。

これらの必要書類を旅券事務所に持参して申請を行ないます。申請すると交付予定日が記された旅券引換書を受取ります。旅券事務所へ申請した後、およそ1週間~10日後にハガキが届きますから、旅券交付日以降に旅券引換書と申請後に届いたハガキを持参して、申請した旅券事務所へ行きましょう。

旅券事務所では手数料の収入印紙を購入した後に、パスポートを受取ることができます。

パスポートは申請から受取りまで時間が必要になりますから海外旅行の日程が決まり次第、早目に申請を行なっておきたいですね。